DSC_7823.jpg

​ハマダグミのこだわり

​お抱えの職人さんをもつ,という事

職人さんへの、工事会社への直接発注のメリットを最大に生かす。

営業マン0人を合言葉に元々職人を経験した代表がお客様にご提案させて頂きます。
意外と知られてない事かもしれませんが、いわゆる一般住宅の工事の際、ハウスメーカー、町のリフォーム屋さん、工務店さんが営業活動を行い、工事会社へのバトンを受け渡す。「元請け→下請け」の流れが行われております。

​分かりやすくいえば、<お客様が依頼した会社ではない>、会社が現場を作っていくことになります。(*あくまで一般建築の規模の話です)

​各業者間に、様々なマージンが乗り、最終的にコストが膨らみます
​業者間の仕上がりイメージの共有不足による、最終的な施工品質の低下
​複数の業者が入るために、元請け会社、各業者の責任感の薄れ
​専門外業者による、ついでのやっつけ施工
​各業者間に、様々なマージンが乗り、最終的にコストが膨らみます

大事な事は繰り返しておきました。

​これらのデメリットから、工事店への直接相談のメリットをお考えいただきたいと思います。

私は、いわゆる町の御用聞きといわれる、小さな(といったら親方に怒られるかな?)工事店で、下積みをして独立しました。その中では修行を通じて、お客様の喜んでいる顔や、はたまた辛そうな顔をも肌で感じてきました。

​そして、実際に作業をしている職人さんがお客様に直接営業を行う事が、一番強みであると身をもって分かりました。

上記の様な、営業のみの会社の片棒を担ぐような企業活動はハマダグミは行いません。

確かに専門業者さんの様なスピード感はないのかもしれません、「いわれた作業だけする」「プラン立てして終わり」ではなくお客様の目線で、じっくり考えれる、本気で感謝を述べれる、そういったアナログですが「感情を入れる」仕事ができる人は少なくなってきてると思います。こんな時代ですが、むしろそこに重きをおきます。

お抱えの職人を持つ、という事によるメリットを感じていただけるような、工事品質、提案、価格を提供する事を約束します。

また地域密着の強みを活かし、迅速な対応をこころがけ急なトラブル365日無休でお電話にてご相談・ご依頼を承っております。

8:00am-7:00pm

​SNSでも最新情報を更新
  • Instagram

登録電気工事事業者 2019-0281号

吹田市水道局指定給水工事店 第761号